銀行との上手な付き合い方

シンプルでもしっかりしたサービスの大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行の証券会社との連動サービス

NISAの導入などにより、投資に挑戦しようと思い立った人は多いでしょう。投資を始めるにあたってまずするべきことは、証券会社に口座開設をすることです。投資信託をするにしても、株の個別銘柄を購入するにしても、その元手となる資金はこの口座からやり繰りされます。ですから、口座開設をしたあとは、その口座に資金を預け入れなければなりません。従来の場合、この証券会社の口座に資金を入れる手続きには、「振込」という形を取っていました。しかしながら、最近、その傾向に変化が出ています。

インターネットの普及により、銀行も証券会社も無店舗経営を行うことが可能になりました。このことを別の側面で考えてみると、「新しい銀行が設立されやすくなった」ということでもあります。ですから、証券会社は自社の投資関係のサービスと完全に連動させることが可能な銀行を設立し、利用者にはその銀行も一緒に利用してもらうことで、サービスの質を向上させようとしています。

大和銀行ネクスト銀行も、こういう趣旨で設立された銀行の一つです。この銀行は名前からも分かる通り、大和証券と連動した銀行です。この連動サービスは大和ネクスト銀行の場合「ツインアカウントのスウィープサービス」と呼ばれています。これは、銀行口座と証券口座間で利用者の資金を自動的に振り替えることで、普段使っている預金だけでなく、投資の待機資金も自動的に高金利の円普通預金で運用できるというものです。

もちろん、この2つの口座間の振替手数料は無料です。