銀行との上手な付き合い方

トマトをモチーフにした岡山のトマト銀行

トマト銀行のデメリット

トマト銀行は地域経済を支える役割にある地方銀行です。トマト銀行は、地方銀行ならではの共通のデメリットをもつ銀行ともされています。

トマト銀行では提携銀行のATMであるなら、相互無料で利用できるようになります。しかし、銀行ATMであっても提携関係にない銀行のATMである場合は、地方銀行だけでなく、都市銀行やしんきんにおいても利用手数料が必要となります。

また、便利なコンビニなどのATMにおいても利用手数料がかかるようになることがあります。トマト銀行は、支店やATMが多くある岡山県を中心として利用メリットがあっても、県外に出ると支店や自社ATMがないことから、デメリットが多くなるといったことになるのです。

さらに、トマト銀行には「ももたろう支店」がありますが、この支店はインターネット銀行として銀行取引を円滑にしてくれることから、利用しやすい支店として人気があるようです。

しかし、インターネット銀行の場合は、店舗がないことから利用しやすくても店舗対応がないことがデメリットとされ、もしものときの不安を解消できないといったこともあります。また、インターネットを使って銀行取引を行なった場合、セキュリティについても不安を残すことになることもあるといってよいでしょう。

これらは、「ももたろう支店」のデメリットとなりますが、地方銀行には、インターネット銀行の「ももたろう支店」があることが特色であることに変わりないものとなっています。