銀行との上手な付き合い方

都市銀行の三井住友銀行をうまく使う

三井住友銀行の歴史

メガバンクと呼ばれている都市銀行を5つ上げてくださいと聞かれたならば、必ず「三井住友銀行」という名前が挙げられることでしょう。それほどに知名度のある三井住友銀行ですが、大昔から三井住友銀行という名前だったわけではなく合併によって誕生した銀行です。一体どんな歴史を持っているのでしょうか。

まず三井住友銀行は、2001年の4月1日に住友銀行とさくら銀行が合併してできた銀行です。住友銀行は名前の通り住友グループであり、さくら銀行も住友グループでした。その昔財閥は派閥があって相互相容れないという概念がありましたが、それこそ三井財閥と住友財閥が一緒になった特殊例というようなことで話題になりました。

そもそもさくら銀行というのも、太陽神戸銀行と三井銀行が合併して1990年にできた銀行でした。1990年から1992年までは、さくら銀行ではなく太陽神戸三井銀行という名前で呼ばれていました。長い銀行名です。

この頃は本当に色々な銀行が合併を遂げていて、自分の銀行が何銀行と言う名前になったのか今や分からないという程に合併が続いた時期でした。逆に今三井住友銀行やみずほ銀行が、昔は何銀行と何銀行だったのかはなかなか思い出せませんよね。

三井住友銀行の本店は東京都の千代田区であり、支店はそれこそ全国各地に点在しています。やはり都市部の方がずっと店舗は多いですが、今では三井住友銀行のネットバンクもありますし、コンビニでも取引できますので便利ですよね。