銀行との上手な付き合い方

都市銀行の三井住友銀行をうまく使う

SMBCダイレクト

今やどのこ銀行でもネットバンクを作っており、大変便利になりました。地方銀行ですら行っているネットバンクですから、もちろんメガバンクにもあります。三井住友銀行のネットバンクは通称SMBCダイレクトと呼ばれるものになります。

なぜSMBCというネーミングなのかずっと疑問でしたが、SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATIONの略とのことです。なるほど英語なので「三井」と「住友」が逆になるんですね。

SMBCダイレクトでは都市銀行としての洗練された技術を持って、セキュリティレベルも強化されているようです。というのは、ワンタイムパスワードを使用してログインしていくシステムとなっているのです。

このワンタイムパスワードと言うのは、ログインする度にパスワードを配信してそれを使うので、いわば使い捨てと考えるとピンときそうです。固定されたパスワードやIDだけだとフィッシングなどが心配ですが、ここまでだと少しは安心ですね。

また振込手数料が店舗のATM等よりはずっとお得になり、例えば同一支店同士であれば無料ですし、同一支店ではなくても同行であれば108円で振り込みができます。他行だと3万円未満で216円、3万円以上で432円です。

また入出金や引き落としがあった場合は、メールでお知らせしてくれる機能があります。これならば自分以外がもしSMBCダイレクトの口座を操作したとしても、すぐに気づくことができるので安心ですよね。